No.1 稲妻でリアルな蜘蛛の糸を作る|AEチュートリアル

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

No.1 稲妻でリアルな蜘蛛の糸を作るリリース

No.1 稲妻でリアルな蜘蛛の糸を作る

使用エフェクト:稲妻(高度)ゆがみ
After Effects標準搭載のエフェクト、稲妻とゆがみだけで、比較的簡単にリアルな蜘蛛の糸が作成できます。

※エフェクトが細いのでフルスクリーンで確認してみてください。

 

AfterEffectsの初期エフェクト、稲妻(高度)でリアルな蜘蛛の糸を作成する方法を紹介します。あまり使う機会は少ないかもしれませんが、比較的簡単に作成できるので興味がある人は試してみてください。

調整するパラメーター

実は蜘蛛の糸っぽい見た目にするパラメーターは下記だけです。
では順番に調整をしていきましょう。

調整が必要なパラメーター

 

蜘蛛の糸の形状にする手順解説

1.エフェクトの適用

平面レイヤーに『稲妻(高度)』エフェクトを適用します。最初はこのような見た目。
@エフェクト適用

 

2.グローの設定

まずは、「グローの不透明度」を0%に設定する。グローがなくなり線だけになる。
Aグローの設定

 

3.乱流の設定

「乱流」の値を大きくします。乱流を大きくすると雷の線が拡散します。
今回は2.5くらいまで大きくしました。まだ糸には見えませんね。
B乱流の設定

 

4.フォークの設定

次に「フォーク」の値を100%にしましょう。このパラメーターを大きくすることで雷の
分岐する枝を多くする効果があります。
Cフォークの設定

 

5.減衰の設定

「減衰」を0に近づけます。減衰の値を小さくすることで雷の先端が消えるまでの距離
が長くなります。最終的に作成する糸の長さを調整する要素です。
D減衰の設定

 

6.複雑度の設定

エキスパート設定内の「複雑度」を1に設定すると、ラインのギザギザがなくなって
滑らかに、ここでやっと糸っぽい見た目になってきました。
E複雑度の設定

 

7.フラクタルの種類

「フラクタルの種類」を[リニア]→[スプライン]に変更。カクカクした線の形状から、
滑らかな曲線を描くようになる。特に「乱流」の値を大きくすると顕著に違いが出る。
Fフラクタルの種類

 

8.コアの流出

「コアの流出」の値を若干大きくします。こちらはメインの雷のラインから、枝に
エネルギーを分け与えるパラメーターですが、エネルギーが分散し先端から徐々
に細くなります。
Gコアの流出

 

9.フォークの強さ

「フォークの強さ」は枝分かれした線の全体の濃さを調整します。蜘蛛の糸のような
細い質感にするためにパラメーターを若干低く調整します。
Hフォークの強さ

 

10.フォークの変化

「フォークの変化」では、枝分かれした線一本一本の濃さをランダムに変化させます。
こちらをマックス値にすることで奥行や、リアルさを追求する。
Iフォークの変化

 

最後に位置を変更して見やすくしてみました。どうですか結構簡単にできましたね。
完成形

 

アニメーションさせる

実際にアニメーションさせる際は、「電導状況」、「乱流」、「減衰」などのパラメーター
をうまくキーフレームで調整しながら動かしていきます。
また『ゆがみ』エフェクトを使用して形状をブラシで描くようにゆがめることで比較的自由
にアニメーションさせられるのでおススメです。

ゆがみエフェクトを使用

 

配置、仕上げについて

アニメーションの作成が終わったら、3D空間に配置するなどしてレイアウトや角度の
調整を行いながら仕上ていってみましょう。

スポンサードリング

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加