グラデーションワイプ|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

グラデーションワイプリリース

グラデーションワイプとは

グラデーションワイプパラメーター

設定した他のレイヤーのチ輝度をマップとして使用してイメージをワイプさせます。先に解説した『CC Image Wipe』とほとんど同じ機能ですが、こちらは輝度のみでそれ以外のチャンネルがエフェクト内では選択できないなど、機能面でできることが劣ります。唯一、グラデーションレイヤーのサイズがイメージと異なる場合、「伸縮してフィットさせる」やタイル状に並べてタイリングする「タイルグラデーション」などイメージをフィットさせる機能はこちらにしかありません。
グラデーションワイプパラメーター


スポンサードリング

変換終了

ワイプの切り替わる割合を調整します。ワイプ系のエフェクトではこの値にキーフレームを打ちアニメーションさせることで徐々に切り替わる映像を作成します。

ソフトに変換

切り替わりの境界線をぼかします。ぼかすといっても単純に境界線にブラーをかけるだけではなく、マップに対応して切り替わるイメージの境界線に不透明度のグラデーションを持たせます。

 

ソフトに変換:0%
ソフトに変換:0%

ソフトに変換:50%
ソフトに変換:50%


グラデーションレイヤー

マップとして使用するレイヤーを同コンポジション内から選択します。

グラデーション置き換え

グラデーションレイヤーのサイズが、イメージより大きい、または小さい場合の処理方法を選択します。
グラデーション置き換え

 

タイルグラデーション
座標[0,0]からタイリングしてマップを適用。
Inverse Gradient:オフ※デフォルト

中央グラデーション
イメージに伸縮させフィットさせてからマップを適用。
Inverse Gradient:オン

 

グラデーションを伸縮させフィットさせる※デフォルト
イメージ中央に等倍サイズでマップを適用。
Inverse Gradient:オン


グラデーションを反転

マップレイヤーのグレースケールを反転させてからマップとして適用します。デフォルトの状態では暗い範囲から明るい範囲へ切り替わりますが、チェックボックスをオンにすると明るい範囲から暗い範囲に映像が切り替わります。

 

Inverse Gradient:オフ※デフォルト
Inverse Gradient:オフ※デフォルト

Inverse Gradient:オン
Inverse Gradient:オン


スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加