CC Twister|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Twisterリリース

CC Twisterとは

CC Twister

イメージをねじって、裏側のイメージとしてエフェクト内で設定したレイヤーイメージに切り替えます。AE内の3D空間上で、カメラと連動させられれば良いのですが、残念ながら平面的にしか動作しません。
CC Twisterパラメーター


スポンサードリング

Completion

ワイプの切り替わる割合を調整します。ワイプ系のエフェクトではこの値にキーフレームを打ちアニメーションさせることで徐々に切り替わる映像を作成します。

Backside

切り替わり先のイメージを同コンポジション内のレイヤーから選択します。

Shading

ねじれが発生した際に、イメージ上に光と影をシミュレートします。立体的に見せる機能ですが、ライティングの角度や種類は設定できません。※おまけのようなものだと考えてください。

Center

ねじれの中心点です。『Completion』のどこかのパーセンテージで、必ず『Center』で指定したポイントがねじれます。

Axis

ねじれの方向を調整します。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加