ブロックディゾルブ|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

ブロックディゾルブリリース

ブロックディゾルブとは

ブロックディゾルブパラメーター

四角いブロック形状でイメージを切り替えます。このエフェクトは単純ですが、ノイズっぽい映像を作成する際などにも使用でき、応用的に使用することが多いので覚えておくと良いでしょう
ブロックディゾルブ


スポンサードリング

変換終了

ワイプの切り替わる割合を調整します。ワイプ系のエフェクトではこの値にキーフレームを打ちアニメーションさせることで徐々に切り替わる映像を作成します。

ブロック幅、高さ

ブロック形状の幅と高さを調整します。単位はピクセルで、縦方向、横方向で個別に調整できます。

 

ブロック幅:40.0、ブロック高さ:3.0
方向:0.0°

ブロック幅:400.0、ブロック高さ:1.0
方向:90.0°


境界のぼかし

ブロックの境界線をぼかします。(下図は『境界のぼかし』:20)
境界のぼかし:20

ソフトエッジ(最高画質)

チェックボックスをオンにすると、ぼかしがかかります。ぼかしの強さを調整することができませんが、『境界のぼかし』に比べて画質が良い?位置づけのようで、ぼかしの結果が若干異なります。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加