CC Page Turn|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Page Turnリリース

CC Page Turnとは

CC Page Turn

エフェクトを適用したイメージを紙をめくるように折り曲げます。
CC Page Turnパラメーター


スポンサードリング

Controls

UIのオプションです。「Classic UI」を使用すると以前のバージョンと同じように操作できます。「Corner」を使用するとより直感的に操作できるようになります。
Flow Motion

Fold Posiion

ページをめくる位置を座標で指定します。

Fold Direction

ページをめくる方向を角度で調整します。デフォルトでは右から左へめくる設定となっています。

Fold Radius

ページのめくれ具合、丸さを調整します。値を小さくすると(最低値:4.0)、めくれた箇所が鋭角に折れ曲がり、値を大きくすると折り返しが弱くやんわりとめくれた状態になります。

Fold Radius:4.0
Fold Radius:4.0の結果

Fold Radius:160.0
Fold Radius:160.0の結果


Light Direction

ライトが向かう方向を調整します。設定した角度に向かって光源からライトがその方向に照らされます。

Render

レンダリングする面を、表面、裏面、またはその両方の中から選択できます。
Render

[Front & Back Page]
Front & Back Page

表面、裏面の両方をレンダリングします。


 

[Back Page]
Back Page

裏面だけをレンダリングします。


 

[Front Page]
Front Page

表面だけをレンダリングします。



Back Page

裏面のイメージに表面とは別のイメージを設定できます。コンポジション内のレイヤーからひとつ選択します。

Back Opacity

裏面の不透明度を設定します。100%以外では、うっすらと透けた状態となり、フロントページや背景が裏面越しにうっすらと見えるようになります。

Paper Color

「Back Page」を「なし」に設定した場合の裏面の色をカラーピッカー、またはカラースペースから選択します。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加