チャンネル設定|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

チャンネル設定リリース

チャンネル設定とは

チャンネル設定

コンポジション内にある他のレイヤーからチャンネルや、カラー成分(輝度、明るさ、色相など)を取り出しR、G、B、αに対してそれぞれ割り振ることができます。基本的には「チャンネルシフト」同様のエフェクトで、適用した当該レイヤーを選択するとチャンネルシフトと同じ効果になります。
チャンネル設定パラメーター


スポンサードリング

ソースレイヤー1

赤チャンネルに取り込む元になるレイヤーを選択します。コンポジション内にあるレイヤーから選択します。

ソース1に赤を設定

赤チャンネルに割り振るチャンネル、カラー成分を指定します。※内容はチャンネルシフトと同じ内容です。
取り込む

[アルファ]
イメージのアルファチャンネルを当該のチャンネルに取り込みます。
[赤]
イメージの赤チャンネルを当該のチャンネルに取り込みます。
[緑]
イメージの緑チャンネルを当該のチャンネルに取り込みます。
[青]
イメージの青チャンネルを当該のチャンネルに取り込みます。
[輝度]
イメージの輝度成分を当該のチャンネルに取り込みます。
[色相]
イメージの色相成分を当該のチャンネルに取り込みます。
[明度]
イメージの明度成分を当該のチャンネルに取り込みます。
[彩度]
イメージの彩度成分を当該のチャンネルに取り込みます。

[フルオン]
当該チャンネルを真っ白(255)にします。
[フルオフ]
当該チャンネルを真っ黒(0)にします。


ソースレイヤー2

緑チャンネルに取り込む元になるレイヤーを選択します。コンポジション内にあるレイヤーから選択します。

ソース2に緑を設定

緑チャンネルに割り振るチャンネル、カラー成分を指定します。※中のオプションは「ソース1に赤を設定」と同じです。

ソースレイヤー3

青チャンネルに取り込む元になるレイヤーを選択します。コンポジション内にあるレイヤーから選択します。

ソース3に青を設定

青チャンネルに割り振るチャンネル、カラー成分を指定します。※中のオプションは「ソース1に赤を設定」と同じです。

ソースレイヤー4

青チャンネルに取り込む元になるレイヤーを選択します。コンポジション内にあるレイヤーから選択します。

ソース4にアルファを設定

アルファチャンネルに割り振るチャンネル、カラー成分を指定します。※中のオプションは「ソース1に赤を設定」と同じです。

レイヤーサイズが異なる場合

「レイヤーを伸縮してフィットする」のチェックボックスがオンになっていると、ソースレイヤーとして指定したイメージサイズがエフェクトを適用したレイヤーと異なる場合に伸縮してサイズを合わせます。※縦横比が異なる場合は比率を変更して縦も横もフィットさせます。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加