CC Composite|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Compositeリリース

CC Compositeとは

CC Composite

エフェクトを適用したレイヤーに対して、エフェクトを適用する前の状態のイメージをエフェクト内で描画モードを選択して重ねることができます。※レイヤーを複製してコンポジション内の描画モードで合成しても同じことが実現できますがエフェクト内で完結させたい場合に使用してください。(滅多にありませんが、、、)
CC Compositeパラメーター


スポンサードリング

Opacity

元の状態のイメージを合成する際の不透明度を調整します。

Composite Original

元のイメージをエフェクト適用後のイメージに合成する描画モードを選択します。※基本的にはコンポジション内の描画モードと同じですが、「Copy」「Behind」「In front」が追加されています。こちらはコンポジション内の合成と異なりどちらのイメージを優先して表示するかがレイヤーで指定できないため存在しています。
Composite Original

[Copy]
エフェクト適用後のイメージを元のイメージの複製として表示します。
[Behind]
エフェクト適用後のイメージの後ろに元のイメージを配置します。
[In front]
エフェクト適用後のイメージの前に元のイメージを配置します。
その他の描画モード
これ以下の描画モードについてはコンポジション内の描画モードと同じなので解説は省略します。


RGB Only

アルファチャンネルを無効にし、RGBチャンネルのみで処理を行います。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加