チャンネル|エフェクト解説ページ一覧

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

チャンネルリリース

チャンネル

1枚の画の中に含まれる「R」「G」「B」「α」、4つのチャンネルを個別に調整するエフェクト。

スポンサードリング

CC Composite

CC Composite エフェクトを適用したレイヤーに対して、エフェクトを適用する前の状態のイメージをエフェクト内で描画モードを選択して重ねることができます。※レイヤーを複製してコンポジション内の描画モードで合成しても同じことが実現できますがエフェクト内で完結させたい場合に使用してください。(滅多にありませんが、、、)

≫続きを読む

 

アリスマチック

アリスマチック イメージに対し、RGB個別に様々な演算を行うエフェクトです。他ではあまり解説されていませんが、演算の種類について細かく触れてみたいと思います。

≫続きを読む

 

カラーマット削除

カラーマット削除 合成チャンネルを持つαチャンネル付きの画像(※AEだと「合成チャンネル(マットあり)」がなじみのある呼び方ではないでしょうか?)を合成する際にフリンジ(アルファチャンネルの境界線部分に発生する背景色のにじみ)を削除します。 ※このエフェクトを理解するには、「合成チャンネル(マットあり)」画像と、「ストレート(...

≫続きを読む

 

チャンネルコンバイナー

チャンネルコンバイナー 指定したレイヤー内に存在するチャンネルを個別に取り出して他のチャンネルに差し替えたり、色空間(カラースペース)を変更することができます。また、別のレイヤーからレイヤーへのチャンネル移動にも対応しており様々な使い方ができるエフェクトです。

≫続きを読む

 

チャンネルシフト

チャンネルシフト イメージ内のチャンネルや、カラー成分(輝度、明るさ、色相など)をR、G、B、αに対してそれぞれ割り振ることができます。

≫続きを読む

 

チャンネル設定

チャンネル設定 コンポジション内にある他のレイヤーからチャンネルや、カラー成分(輝度、明るさ、色相など)を取り出しR、G、B、αに対してそれぞれ割り振ることができます。基本的には「チャンネルシフト」同様のエフェクトで、適用した当該レイヤーを選択するとチャンネルシフトと同じ効果になります。

≫続きを読む

 

ブレンド

ブレンド 2つのレイヤーをエフェクト内で合成できます。使用できる描画モードは5種類で、描画モード自体に対してアニメーションが設定できることくらいしかこのエフェクトのアドバンテージはありません。※基本的にコンポジション内の描画モードと同じ計算がされますが、「カラーのみ」「色相のみ」については「カラー」「色相」と結果がことなり描...

≫続きを読む

 

マット設定

マット設定 同コンポジション内にある別レイヤーのカラーチャンネルやカラー成分(輝度、彩度など)からアルファマットを取り込みます。レイヤー間のトラックマット機能と同じ用途に使用しますが、 @カラー成分が選択できる点Aレイヤー配置が上下に位置していなくても使用できる点Bひとつのレイヤーを複数のレイヤーから参照できる点 ...

≫続きを読む

 

単色合成

単色合成 エフェクトないでレイヤーイメージに対してベタの単色平面を合成します。合成モードはレイヤー同士の合成に使用するモードがエフェクト内で選択可能です。※わざわざエフェクト内で行う場面も少ないと思いますので、レイヤー上で平面を使用する手法の方が一般的ですね。

≫続きを読む

 

反転

反転 レイヤーイメージに対し、RGB全色に対する反転、各チャンネルごとの反転、異なる色空間(カラースペース)に変換した上でカラー成分の反転を行います。

≫続きを読む

 

合成アリスマチック

合成アリスマチック コンポジション内のレイヤー合成と同様の演算処理をエフェクト内で行います。類似エフェクトに『アリスマチック』がありますが、違いは『アリスマチック』がチャンネルごとの単色合成なのに対してこちらは任意のイメージを選択できる点です。(※任意のイメージが選択できるということはこちらのエフェクトの方が自由度が高いということにな...

≫続きを読む

 

最大/最小

最大/最小 イメージのピクセルを隣のピクセルと比較して最も明るいピクセル、または最も暗いピクセルと置き換えます。その結果「最大」では明るい範囲が膨張していくような効果が生まれ、「最小」では明るい範囲が暗い範囲に浸食されていくような見た目の効果が生まれます。比較する対象のピクセルは縦方向、横方向、または縦、横両方向のみで斜め方向...

≫続きを読む

 

計算

計算 エフェクトを適用するレイヤーに対して、2つ目のレイヤーをコンポジション内のレイヤー合成と同様の演算処理で合成します。類似エフェクトに『合成アリスマチック』がありますが、この二つのエフェクトの違いは『合成アリスマチック』が選択したチャンネルのみ同じチャンネル同士をそれぞれ個別に合成するのに対して、『計算』ではR(赤)...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク





チュートリアル AEエフェクト辞典 プラグイン解説 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加