フォグ3D|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

フォグ3Dリリース

フォグ3Dとは

フォグ3D

RLA、RPFファイルからZ深度チャンネルをもとにフォグ(霞み)を合成する。


スポンサードリング

フォグのカラー

初期状態ではフォグはフラットな平面です。合成する平面の色を選択する。

フォグの開始深度

フォグが合成され始める奥行きの位置を調整する。

フォグの終了深度

フォグの濃度が100%になる奥行きの位置を調整する。

フォグの不透明度

合成されるフォグ平面の不透明を調整する。

濃度の拡散

フォグの濃くなっていくスピードを変化させる。値が大きくなるとフォグの開始深度付近での濃度が高くなる。

フォギーな背景

フォグ背景を表示するかどうかを選択する。エフェクトを適用したレイヤーを別の背景に合成する場合にはチェックボックスをオフにする。

グラデーションレイヤー

フォグの濃さに濃淡を持たせるためのグレースケールレイヤーを指定する。

レイヤーの適用

「グラデーションレイヤー」で指定した濃度マップが影響するレベルを調整する。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加