落書き|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

落書きリリース

落書きとは

落書き

クローズしたパスの中、エッジに沿ってブラシで書きなぐったような手書きの線を生成します。マスクパスの中、またはエッジに沿ってブラシで書きなぐったような手書きの線を生成します。


スポンサードリング

落書き

 [単一マスク]
  エフェクトを適用しているレイヤーのマスクから使用するマスクを一つ選択する。
 [すべてのマスク]
  エフェクトを適用しているレイヤーのマスクすべてを使用する。
 [モードを使用するすべてのマスク]
  加算、減算などのマスクのモードを使用している複数のマスクの合成結果
  に対してエフェクトを適用する。※閉じたパスにしか適用されない。

マスク

「落書き」で単一マスクを選択した際に設定可能。
複数のマスクの中から、落書きエフェクトに使用するマスク一つをここで選択する。

塗りの種類

 [内側]
  パスの内側がすべて塗りつぶされる。オープンパスでは弧の内側すべて、
  クローズパスでは囲まれた面積すべて。
 [エッジ中心]
  パスを中心として幅をとって塗りつぶされる。オープンパス、クローズ関係
  なくパスに沿って描かれる。
 [エッジ内側]
  パスの内側に幅をとって塗りつぶされる。オープンパスであれば弧の内側、
  クローズパスでは囲まれた面積の内側の淵が塗られる。
 [エッジ外側]
  パスの外側に幅をとって塗りつぶされる。オープンパスであれば弧の外側、
  クローズパスでは囲まれた面積の外側の淵が塗られる。
 [左エッジ]
  閉じられていないパスのみ有効でパスの左側が塗られる。
 [右エッジ]
  閉じられていないパスのみ有効でパスの右側が塗られる。

エッジオプション


 ・エッジの幅
  エッジに描かれる落書きの幅を設定。
 ・線端
  落書きの先端の形状を指定する。「エッジの中心」が選択されている際に有効。
  [丸形]・・・エッジの幅分パスから飛び出して角を丸くする。
  [バット]・・・パスの先端でぱっつりと落書きを終了する。
  [突出]・・・エッジの幅分パスから飛び出して角を四角くする。
 ・結合
  パスが鋭角に折れ曲がっているときの角部分の形状を指定する。
  [ラウンド]・・・角の部分が丸く表示される。
  [べベル]・・・角の部分が四角く出っ張っ形になる。
  [マイター]・・・角の部分がパスの形状に忠実に鋭角に表示される。
 ・角の比率
  マイターがべベルに切り替わる際の境界を調整します。1にするとマイターはべベル

  と同じ形状になります。数値を大きくするほど先端が鋭角でも切り替わらない。
  ※「結合」を「マイター」に設定したときのみ有効。
 ・開始/終了の適用先
  落書きをアニメーションさせた際の描き方を選択する。
  [落書き順序]
   実際に線を描いていくような見た目になる。描き終わった線は固定されている。
  [マスクパス]
   マスクに沿って先端部分が移動していくような見た目になる。終了点から線が
   伸びていくような表現。

カラー

エフェクトの線の色を選択。

不透明度

エフェクトの不透明度を調整する。

角度

落書きの線の角度を調整する。

線幅

落書きの線の太さを調整する。

ストロークオプション

線の形状をジグザグにしたり、落書きの折り返し角度を調整できる。

 ・カーブ
  線が折り返す部分の角度を調整する。値が小さいとギザギザに、値が大きいと
  丸く折り返す。
 ・カーブの変化
  折り返しの角度にランダム性を持たせる。
 ・間隔
  線と線との間隔を調整する。折り返しと折り返しの間のピクセル数を指定する。
 ・間隔の変化
  線と線との間隔を不規則に広げる。
 ・パスのオーバーラップ
  パスが折り返す位置を拡張、縮小する。エッジ内側だと説明がわかりやすいが、
  値を0にするとパスの境界線で折り返す。値をマイナスにすると、パスの境界線の
  中に縮小される。プラスにしていくとパスをはみ出して描かれる。
 ・パスのオーバーラップの変化

  パスが折り返す位置を不規則に拡張、縮小する。ランダム性を付加する。

開始

線を開始する場所を指定する。キーフレームで数値を変化させ、線が消えていくようなアニメーションを作成できる。

終了

線を終了する場所を指定する。キーフレームで数値を変化させ、線が描かれていくようなアニメーションを作成できる。

パスを順に塗りつぶす

複数のパスが選択されているときに有効。オフにすると複数のパスが同時に描かれるアニメーションになり、オンにすると一つ一つが順番に描かれるアニメーションとなる。線が描かれる順番はレイヤーに設定されたパスの順番と同じ。

ウィグルの種類

落書きエフェクトを時間で変化させるか、静止させるかを選択する。
 [静的]
  静止した状態でアニメーションしない。
 [変化]
  ランダムに激しくアニメーションする。
 [スムーズ]
  ランダムにアニメーションするのは変化と同じだが、フレームとフレームの
  つなぎ目がシームレスに表現される。

ウィグル/秒

「ウィグルの種類」が「変化」、「スムーズ」に設定されている際に使用可能。
落書きエフェクトが切り替わる頻度を調整する。一秒間に何回きりかわる
かを数値で入力する。

ランダムシード

ランダムで描画が切り替わります。基本的には時間軸でアニメーションが
されるエフェクトだが、このパラメーターはユーザーが開始位置の形状や、
特定のタイムラインで思い描いた形を得るために調整する項目。

コンポジット

・元のイメージ
 エフェクトを適用している元のレイヤーイメージの上にブラシを表示。
・透明
 エフェクトを適用している元のレイヤーのイメージを無視してブラシのみを表示。
・元のイメージを表示
 作成したブラシを表示せず、元のレイヤーのイメージのみ表示。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加