スポイト塗り|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

スポイト塗りリリース

スポイト塗りとは

スポイト塗り

レイヤーの特定のポイントの色を拾って塗りを適用する。アルファチャンネルを活かす設定もある。


スポンサードリング

サンプルポイント

色を拾うレイヤー内のポイントを座標で指定する。

サンプルの半径

サンプルポイントとして適用したポイントの範囲を広げられる。
この値を大きくした場合にはその範囲の色の平均の値が適用される。

平均ピクセルカラー

 ・透明ピクセルをスキップ
  透明部分のピクセルの色が無視された形でRGBカラーを平均化して適用する。
 ・すべて
  透明部分の裏に存在する色も含めたRGBカラーを平均化して適用する。
  ※RGBストレートで裏の色は確認できる。
 ・すべての合成チャンネル
  αチャンネルを含めたRGBカラーを範囲内で平均化して適用する。
  α込みの見た目の色で色が塗られる。「アルファを含む」と一見同じに見えるが、
  RGB+αをまとめて丸め込むためレイヤーが半透明にならない。  
 ・アルファを含む
  RGBカラーを範囲内で平均化しつつ、αチャンネルは個別でレイヤーに適用する。
  「すべての合成チャンネル」と一見同じに見えるがレイヤーが半透明になる。

オリジナルアルファを維持

もともとレイヤーに存在するαチャンネルを活かす。デフォルトではレイヤーサイズ全体に平面として塗りが適用される。

元の画像とブレンド

エフェクトを適用している元のレイヤーとのブレンドの割合を設定する。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加