CC Light Lays|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Light Laysリリース

CC Light Laysとは

" alt="After Effects,ae,After Effect,Aftereffects,アフターエフェクト,使い方,チュートリアル,素材,エクスプレッション,プラグイン,エフェクト,CC Light Lays" />


素材の一点から放射上の光が伸びたような効果を加える。
Light Burstと類似しているが、画像の一点から伸びる点、光が素材自身の色を使用して生成されている点が異なる。


スポンサードリング

Intensity

光の強さを調整する。放射状に透明度がうすくなっていくのを不透明にする。

Center

放射状に延びる光の線の中心点。この点を中心に元の画像のコピーに対して極限までパースをかけた状態にしてレイを表現している。

Radius

重ねた元の画像のコピーのパースのかかり具合を調整する。弱くすると元画像のコピーが現れる。

Warp Softness

パースの強弱を調整する。数値を0にすると元画像のパースの発生源を消失点まで縮小するためとがった印象の光線になる。

Shape

 歪曲の形状を変更する。
 ・Round
  パースをかける際の歪曲を中心から円状に遠くなる程強くする形状に設定する。
 ・Square
  パースをかける際の歪曲を中心から四角状にかかり具合を変える形状に設定する。

Direction

 Shapeで『Square』を設定した場合にアクティブになる。パースのかかり具合を変更する四角の角度を変更する。

Color From Source

元の形状の色を使用するかどうかを決定するチェックボックス。OFFにすると色を設定できるが単色のみ設定可能。

Transfer Mode

Light Raysを設定している元のレイヤーに対する合成モードを設定できる。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加