CC Glue Gun|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Glue Gunリリース

CC Glue Gunとは


レイヤーに粘着質のローションのような液体を塗ったようなブラシ効果を加える。境界部分の反射具合や陰影を調整しリアルに調整することができる。

スポンサードリング

Brush Position

現在のブラシの位置。キーフレームで移動させることで線を描くことができる。
ポジションを移動しなければ点の状態。

Stroke Width

ブラシの太さ。大きくすれば描かれる線が太くなります。

Density

ブラシは発生する複数の液体状の物体(パーティクルに近い)の集合体ですが、その液体状の物体が一定面積状に発生する数を増やすことができる。

Time Span

液体が発生した後に消滅する時間を設定できる。

Reflection

一つ一つの液体状の物体のべベル部分を複雑にする効果がある。
数値を増やすと液体に映る光の屈折が多くなる。

Strength

数値を上げると液体の粘着力が強くなったような見た目になる。

Style

Paint Style

 ブラシの形状の種類を2種類から選択できる。
 ・Plain
  発生する位置が一点のみに集中します。ブラシで線を引いた結果ブレのない
  まっすぐなラインになる。
 ・Wobbly
  発生する点が現在の位置を中心としてランダムに回りに配置されるようになる。
  そのため書きなぐったようなばらつきのある見た目のラインになる。

Wobble Width

 ランダムに配置される横の距離を設定できる。
 数値を大きくすると横方向に液体が広がります。

Wobble Height

 ランダムに配置される縦の距離を設定できる。
 数値を大きくすると縦方向に液体が広がります。

Wobble Speed

 一つ一つの液体がランダムでうにょうにょ動きます。
 数値を大きくすると動く速度が速くなります。

Light

Light Intensity

 ライトの強さを調整します。

Light Color

 ライトの色を変更する。

Light Type

 扱いの異なる2種類のライトを選択できる。
 ・Distant Light
  角度と距離のみ設定できるライトタイプ。
 ・Point Light
  ライトのポジションを好きな位置に設定できるライトタイプ。

Light Height

 ライトの高さを設定できる。数値を上げると奥から手前に移動し広範囲に影響する。

Light Position

 Point Lightに設定したときのみ調整可能。ライトが発生する位置を調整できる。

Light Direction

 Distant Lightに設定したときのみ調整可能。ライトが当たる角度を調整できる。

Shading

液体の表面の質感を調整できる。

Amtient

 全体にフラットに当たるライトの強さを調整できる。

Diffuse

 ライトの拡散を調整できる。
 スポットライトにトレーシングペーパーを重ねて光を拡散させるイメージ。

Specular

 ハイライトの調整を行えます。
 数値を大きくすると最も明るい部分が光を反射しているように見える。

Roughness

 表面が丸みを帯びたようになり、ハイライト部分が回りに拡散される。

Metal

 ハイライト部分に表面の模様を活かした状態にするか、ライトの色一色で染めてしま
 うかを調整できる。素材のグラデーションを活かした状態でハイライト部分が表現され
 るとメタリックな見た目になる。数値を大きくすると素材の模様を残した形となり、少
 なくするとライトの色でフラットな見た目になる。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加