放射状シャドウ|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

放射状シャドウリリース

放射状シャドウとは

放射状シャドウ

ドロップシャドウと異なり、光源とイメージの距離の概念が加わり、イメージのサイズよりも大きな影を投影することができる。
no


スポンサードリング

シャドウのカラー

影の色を指定する。

不透明度

影の不透明度を調整する。

光源

光源となるライトのX、Y座標を指定する。

投影距離

光源となるライトの奥行に対する距離を調整する。数値を小さくすると光源はイメージから離れて影が
小さくなり、数値を大きくすると光源の距離が近くなり影が大きくなる。

柔らかさ

影の輪郭をぼかす。

レンダリング

影の種類を指定する。
no
[レギュラー] ・・・ 「シャドウのカラー」をもとに影の色が形成される。
[ガラスエッジ] ・・・ 「シャドウのカラー」とイメージカラーを元に色が形成される。

カラーの影響

レイヤーイメージの色を影に反映する度合いを調整する。

シャドウのみ

適用しているレイヤーイメージを非表示にして影の部分だけを取り出す。

レイヤーのサイズを調整

チェックを入れるとレイヤーサイズに依存せず影が描画される。チェックを外すとレイヤーサイズの
外側にはみ出した影が切れて表示される。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加