CC Rain|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Rainリリース

CC Rainとは

CC Rain

画面に雨をシミュレートします。素材に対して上から下に向かって降る簡単な合成を行いたいときにお手軽に使えます。
CC Rainパラメーター


スポンサードリング

Amount

雨の量を調整します。

Speed

雨の速さを調整します。

Angle

雨が降る方向を左右斜めに調整します。真横や下から上には調整できません。

Angle Variation

雨の方向にばらつき(ランダム性)を持たせます。

Drip Size

ひとつひとつの雨粒の大きさを調整します。

Opacity

雨の不透明度を調整します。

Source Depth

雨がエフェクトを適用しているイメージの手前を通過する割合と奥を通過する割合を調整します。0%に設定するとすべて奥に、100%だとすべて手前に雨が配置されます。αチャンネルを持つイメージレイヤーで効果を発揮します。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加