色範囲|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

色範囲リリース

色範囲とは

色範囲結果

Lab、YUV、RGBのどれか一つのカラースペース(色空間)を使用し、要素(RGBだと赤、緑、青などのチャンネルのこと)ごとに色の範囲を削っていくことで指定した色範囲以外をキーアウトします。スポイトを使って削りたい色、残したい色を画面上で追加していくような操作で実行します。
色範囲パラメーター


スポンサードリング

プレビュー

画面が小さいですが、右側のスポイトで左の画面上で削りたい箇所、残したい箇所をクリックで選んでいきます。
【スポイト上】抜きたいメインの色を指定します。
【スポイト中】追加して削りたい範囲を指定します。(複数範囲選択可)
【スポイト下】残したい範囲を指定します。(複数範囲選択可)

許容量

色範囲を選択後、選択範囲を中心としてそこから近い色をどこまでキーアウトするか調整します。

カラースペース

使用するカラースペースを選択します。下記にそれぞれのカラースペースを解説します。
カラースペース
・Lab ・・・ 光度に当たるLと、二つの色チャンネルを使用してキーアウトする範囲を選択する。
・YUV ・・・ 輝度にあたるYと、二つの色差信号を使用してキーアウトする範囲を選択する。
・RGB ・・・ 光の三原色、R、G、Bを使用してキーアウトする範囲を選択する。
※素材に合わせて結果が良いものを使用してください。

最小(L,Y,R)(a,U,G)(b,V,B)

チャンネルのキーアウトしない色範囲の最小値が入力される。【最小】と【最大】の値に囲まれた範囲がキーアウトされずに残ります。
※()内はそれぞれのカラースペースのチャンネルを表しています。

最大(L,Y,R)(a,U,G)(b,V,B)

チャンネルのキーアウトしない色範囲の最大値が入力される。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加