カラー差キー|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

カラー差キーリリース

カラー差キーとは

カラー差キー効果

選択した色を複数のパラメーターを調整しながらキーアウトする。
※【keylight】があるためよほどのことがない限り近年このエフェクトを使用して抜くことはないかと思われます。
カラー差キー効果
※このエフェクトは必ずαマットの指定から行います。
(A、Bマットの調整結果がαマット(非補正マット)に影響しスポイトツールで指定ができなくなるため)


スポンサードリング

プレビュー

カラー差キーパラメータ
左側に元のイメージ、右側にマットA、マットB、αマットの補正結果を表示します。
また、イメージの真ん中には上から、キーカラー、黒マット(透明にしたい範囲)の入力、白マット(不透明にしたい範囲)の入力スポイトがあります。
※このエフェクトは基本的にスポイトを使ってパラメーターを入力します。

表示

カラー差キーパラメータ

調整に使用するマットA、マットB、αマット、最終結果などビューを切り替える。
※プレビューでは画面が小さく調整しずらいため、ここで表示を切り替えながらスポイトツールで色を選択する。

  • 非補正部分マットA
  • 補正前のマットAを表示。
    ※補正後だとスポイトで色が取れないためこの表示を使ってマットAの調整を行う。

  • 補正部分マットA
  • 補正後のマットAを表示

  • 非補正部分マットB
  • 補正前のマットBを表示。
    ※補正後だとスポイトで色が取れないためこの表示を使ってマットBの調整を行う。

  • 補正部分マットB
  • 補正後のマットBを表示

  • 非補正マット
  • 補正前のαチャンネルを表示。
    ※補正後だとスポイトで色が取れないためこの表示を使ってαマットの調整を行う。

  • 補正マット
  • 補正後のαチャンネルを表示。

  • 最終出力
  • 調整後の最終出力結果を表示。

  • [A,B,マット]補正、最終
  • 4分割でA、Bマット、αマット、最終出力結果を1画面同時に表示。


キーカラー

キーイング(消去)したい色を指定する。

カラーマッチ精度く

エフェクト処理の精度を調整する。速度を優先にすると処理速度が微妙に向上するが精度が下がる。

部分A、B(黒入力)

マットA、マットBの透明に指定したい箇所の最も明るい部分の色の値を指定します。
※こちらはそれぞれのマットを表示しながら黒のスポイト(真ん中)を使って、透明にしたいブルー、グリーンバックの中の最もグレースケールが薄くなっているポイントを指定することで入力します。

部分A、B(白入力)

マットA、マットBの透明にしたくない箇所の最も暗い部分の色の値を指定します。
※こちらはそれぞれのマットを表示しながら白のスポイト(一番下)を使って、透明にしたくない範囲の中の最も濃いポイントを指定することで入力します。

部分A、B(白ガンマ)

マットA、マットBの補正後の結果に対してガンマ(レベル補正のガンマ:中間階調の上下調整)調整を行います。

部分A、B(黒出力)

マットA、マットBの補正後の結果に対して黒入力(レベル補正の黒出力)調整を行います。
整)調整を行います。

部分A、B(白出力)

マットA、マットBの補正後の結果に対して白入力(レベル補正の白出力)調整を行います。

マット(入力)

αマットの透明に指定したい箇所の最も明るい部分の色の値を指定します。
※こちらはαマット(非補正マット)を表示しながら黒のスポイト(真ん中)を使って、透明にしたいブルー、グリーンバックの中の最もグレースケールが薄くなっているポイントを指定することで入力します。

マット(白入力)

αマットの透明にしたくない箇所の最も暗い部分の色の値を指定します。
※こちらはαマット(非補正マット)を表示しながら白のスポイト(一番下)を使って、透明にしたくない範囲の中の最も濃いポイントを指定することで入力します。

マット(ガンマ)

αマット補正後の結果に対してガンマ(レベル補正のガンマ:中間階調の上下調整)調整を行います。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加