フランジ&コーラス|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

フランジ&コーラスリリース

フランジ&コーラスとは

フランジ&コーラス

元となる音声を複数回重ね合わせ、周期的に振り幅を変更するフランジ効果と、重ね合わせるコピー音声を遅らせる時間を長く設定することで、一つの音源を複数人数で同時演奏しているような印象にするコーラス効果がある。


スポンサードリング

ボイス分割時間(ミリ秒)

複製して重ねた音声の時間的なずれをミリセックで指定する。

ボイス

ボイスの複製回数を指定する。重ね合わせる音声が増えるほど、コーラス(複数の楽器で演奏しているような効果)が強くなります。

変調レート

複製して重ねた音声の周波数がうねる(時間経過で変化する)周期を調整する。音が低音になったり甲高くなったりを繰り返す頻度の値です。

変調深度

複製して重ねた音声周波数のうねり(時間経過で変化させる)の大きさを調整する。

ボイスフェーズ変更

遅れて発生する音のその瞬間の周波数を角度の値だけずらして発生させる。

反転フェーズ

チェックボックスをオンにするとあとに続く音声の周波数が「ボイスフェーズの変更」の値で徐々に高く、チェックを外すと逆に低い音にずれる。

ステレオボイス

チェックボックスをオンにすると、遅れて発生する音が左チャンネルから始まり、順番に左右に割り振られる。

ドライアウト

元の音(ドライ)の音量を調整。

ウェットアウト

反響音(ウェット)の音量を調整。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加