CC Burn Film|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

CC Burn Filmリリース

CC Burn Filmとは

CC Burn Film

セルロースフィルムが投影中に焼けたような効果を作りだします。画面の切り替わりでフィルム焼けを演出として使用する場合などに使用できます。非常に単純で少ないパラメーターしかなく、エフェクト内でできることは少ない。焼け落ちる部分のアニメーションを取り出すような使い方でその後の加工が必須のエフェクトである。
CC Burn Filmパラメーター


スポンサードリング

Burn

フィルムが焼ける効果の広さを調整します。トランジションとして使用する場合には、0から100%までのキーフレームでアニメーションさせて使用します。

Center

フィルムが焼ける効果の中心の座標を指定します。

Random Seed

エフェクトのランダム要素のパターンを変更します。この設定においては特に法則性はありません。動きの性質などが変更されるわけではなく、あくまで出力結果に対して別の形状で結果を得たいなど見た目を変更したい場合に調整します。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加