ブラシストローク|エフェクト全パラメーター徹底解説!

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

ブラシストロークリリース

ブラシストロークとは

ブラシストローク

イメージに対して筆で描いたような効果を与えます。整列したドット状にサンプリングした色をずらして元のイメージ上に重ねます。重ねたドットを指定した方向に引き延ばすことで筆で絵ががれたような質感を表現します。
ブラシストロークパラメータ


スポンサードリング

描画角度

筆で描くタッチの方向を調整します。

ブラシサイズ

筆の太さを調整します。実際には筆として描画されるドットの大きさがピクセル指定(1.0=10ピクセル)で変更されます。

描画の長さ

筆で描くタッチの長さを調整します。実際には筆として描画されるドットを「描画角度」で調整した方向に引き延ばすような効果です。

描画の濃度

筆の描きを表現するための整列したドットの密度を調整します。値を小さくするとまばらに、値を大きくすると密度が高くなります。密度が高くなることでより筆の描きが複雑になりタッチの細かな絵画のような見た目になります。

ランダムに描画

筆の描きを構成するドットの並びを不規則にします。値を小さくすると筆のストロークの並びと角度が均等になり機械的な筆のタッチに、値を小さくするとストロークが複雑に重なりあい有機的な筆のタッチになります。

ペイント表面

筆の描きを合成する背後の画像を選択します。
ペイント表面

[元のイメージにペイント]
エフェクトを適用している元のイメージの上に筆の効果を合成します。
[透明にペイント]
背後は透明で筆の効果だけを表示します。
[白にペイント]
白背景に筆の効果を合成します。
[黒にペイント]
黒背景に筆の効果を合成します。


元をブレンド

エフェクトを適用している元のレイヤーとのブレンドする割合を設定する。

スポンサーリンク




 

この記事について参考になった、良かったと思っていただけた方、

是非、「リツイート」「お気に入り」登録をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

AepEFFECTSへメール

チュートリアル AEエフェクト辞典 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加