スタイライズ|エフェクト解説ページ一覧

Aep EFFECTSトップページへ

スポンサードリング

スタイライズリリース

スタイライズ

素材の形状を変えることなく素材の要素を活かしつつ見た目を調整するエフェクト。グロー、手書き風にするエフェクトなど。

スポンサードリング

CC Burn Film

セルロースフィルムが投影中に焼けたような効果を作りだします。画面の切り替わりでフィルム焼けを演出として使用する場合などに使用できます。非常に単純で少ないパラメーターしかなく、エフェクト内でできることは少ない。焼け落ちる部分のアニメーションを取り出すような使い方でその後の加工が必須のエフェクトである。

≫続きを読む

 

CC Glass

CC Glass すりガラスを通してみたような質感を表現します。ガラス表面のクリアな凸凹反射と光の屈折が生み出す背面のゆがみを加えることでガラスのような見た目を作りだします。

≫続きを読む

 

CC Kaleida

CC Kaleida カレイドスコープ(万華鏡)を除いたようなイメージを作成します。いくつかのプリセットから形状のパターンが選択できます。

≫続きを読む

 

CC Mr. Smoothie

CC Mr.Smoothie イメージ内で選択したポイント2点、その2つを結ぶ直線上にある色の層をもともとのイメージが持つ輝度のグラデーションの中に詰め込んで表示します。

≫続きを読む

 

CC RepeTile

CC Repe Tile イメージをタイル状に並べます。モーションタイルと非常に結果が似ていますが、タイルの並べ方のパターンはこちらのエフェクトの方が多く選択できます。だたし、モーションタイルはタイルを交互に、また任意でずらすことができるため用途に合ったものを選んで使用してください。

≫続きを読む

 

CC Threshold

CC Threshold しきい値を使用し、エフェクトを適用したイメージの色を2極化(白黒の二色)します。色と色の境界線にグラデーションはなくしきい値を境にぱっきりと超ハイコントラストな画像を作り出します。

≫続きを読む

 

CC Threshold RGB

CC Threshold RGB R、G、Bチャンネルそれぞれに個別のしきい値を使用し、エフェクトを適用したイメージの色を2極化(白黒の二色)します。色と色の境界線にグラデーションはなくしきい値を境にぱっきりと超ハイコントラストな画像を作り出します。※Thresholdとの違いはThresholdのしきい値はすべてのチャンネルで一律なのに対し、RG...

≫続きを読む

 

しきい値

しきい値 しきい値を使用し、エフェクトを適用したイメージの色を2極化(白黒の二色)します。色と色の境界線にグラデーションはなくしきい値を境にぱっきりと超ハイコントラストな画像を作り出します。

≫続きを読む

 

エンボス

エンボス イメージを立体的にするエンボス効果をかけます。もとのイメージの色は失われ凹凸の陰影だけが表示されます。

≫続きを読む

 

カラーエンボス

カラーエンボス 元々のイメージの色を保ったまま画像を立体的にするエンボス効果をかけます。

≫続きを読む

 

カートゥーン

カートゥーン アニメーションのようなトゥーン質感にイメージを加工します。元々のイメージに対しグラデーションの階調を減少させた上で、イメージ内の境界線に対して筆で描いたようなアウトラインが付加されます。内部的にはまず全体にブラー(境界線やしわなどディテールがある部分では効果が弱くなる特徴を持つ)をかけてから、次に輪郭を検出、最後に...

≫続きを読む

 

グロー

グロー イメージにグローと呼ばれる光のにじみを追加して光の強い部分に発光感を追加します。

≫続きを読む

 

ストロボ

イメージにカメラのストロボ(フラッシュ)が当たったような効果を簡易的にシミュレートできます。

≫続きを読む

 

テクスチャ

テクスチャ イメージに対して別のイメージの持つ凹凸、陰影、質感をテクスチャとして適用します。イメージの明るい箇所が出っ張って、暗い箇所がへこんでいるような効果になります。

≫続きを読む

 

ブラシストローク

ブラシストローク イメージに対して筆で描いたような効果を与えます。整列したドット状にサンプリングした色をずらして元のイメージ上に重ねます。重ねたドットを指定した方向に引き延ばすことで筆で絵ががれたような質感を表現します。

≫続きを読む

 

ポスタリゼーション

ポスタリゼーション イメージの色階調を減少させます。階調を減らす類似エフェクトとして『CC Threshold RGB』がありますが、あちらはしきい値で色調を2極化するエフェクトで、『ポスタリゼーション』では2極化もできますが、3色、4色と存在する階調の数だけ数字で指定して階調を増やすことができます。『ポスタリゼーション』ではしきい値...

≫続きを読む

 

モーションタイル

モーションタイル イメージをタイル状に複製し、元のイメージのサイズを拡張して並べます。グローなど、イメージの端でエフェクトが切れてしまう場合、画面外にミラーエッジでイメージ拡張してからエフェクトを適用するなどの使い方も可能です。

≫続きを読む

 

モザイク

モザイク イメージにモザイクをかけます。モザイクとは平面ブロックの集合体で、イメージからピクセルの情報を簡略化して表示する手法です。一般的なモザイクの認識と同じく荒く設定することで鮮明に表示したくないものを隠したり(例えば人の顔など)、また細かくすると解像度を落としたような効果を得たい場合にも利用できます。

≫続きを読む

 

ラフエッジ

ラフエッジ エフェクト名は荒いエッジという意味です。レイヤーのαチャンネルのエッジ部分を不規則にかけさせたり、外側に侵食させたりすることで錆びたような見た目を表現したり、かすれたような効果を与えます。

≫続きを読む

 

拡散

拡散 イメージを細かな粒子単位まで粉々にして拡散させます。シミュレーション『CC Scatterize』に似た効果ですが、制御できるパラメーターが異なるので使い分けましょう。こちらは縦方向、横方向に分けて拡散する機能と、フレームごとに拡散の形状をランダムにする機能があります。

≫続きを読む

 

輪郭検出

輪郭検出 レイヤーイメージ内の輪郭部分を検出して表示させます。イメージ内で隣り合う色の変化が強い範囲が輪郭として判定される仕組みです。

≫続きを読む

 

スポンサーリンク





チュートリアル AEエフェクト辞典 プラグイン解説 ツールストア 書籍紹介・リンク お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加